女性のヒゲ脱毛

ここ数年の間、男性のヒゲの濃いムダ毛に悩まされている女性が増えてきているようです。
ちょっと手入れを忘れただけで口周りのムダ毛が濃くなって、もはやうぶ毛と呼べないような状態になっているようです。
そうしたことから、最近では脱毛エステや脱毛クリニックでヒゲ脱毛をしようと考えている女性が増えてきました。
女性の場合は、口周りや鼻下のムダ毛は、殆どうぶ毛ですので、多くの人がカミソリやシェーバーで剃毛しています。
うぶ毛は色が薄くて細いから剃っても問題無いだろうと考えがちですが、それは大きな誤りです。
顔は非常にデリケートで汚れやすい部分ですから、ちょっとしたことで炎症や化膿といったトラブルを招きます。
また、カミソリ負けをして毛穴の形が変わったり、口の周りの皮膚が固くなるといったトラブルが起きる危険もあります。
従って、ヒゲ脱毛をすり時には慎重に処理をすることが非常に大切になってくるのです。
そのようなトラブルを避けるために、女性のヒゲ脱毛も脱毛エステや脱毛クリニックでしたほうが無難と言えます。

脱毛のメカニズム

ムダ毛を自己処理で脱毛する場合、多くの女性はカミソリや毛抜きを使って脱毛をしているようです。
しかしながら、何度処理しても翌朝にはう黒いぶつぶつになり、その日の夕方にはもう生えてきてしまいます。
完璧にムダ毛処理したつもりでも、また毛が生えてきてしまうのは、毛周期が関係しています。
毛が成長期に入ると、毛細血管から毛乳頭に栄養が送られて毛母細胞まで到達します。
そして、細胞分裂が盛んになり毛球が生成され、毛母細胞は分裂を繰り返していき、これが毛となって皮膚の外まで伸びてくるのです。
レーザー脱毛の仕組み、このような毛のメカニズムを着目してツルツルの綺麗な肌を作っていきます。
実際の脱毛では、毛を剃った状態で、黒い色に反応する光を照射して熱を発生させます。
この熱は毛に吸収されて周囲に広がり、毛や毛根、毛母細胞を破壊していきます。
その結果、毛が抜け落ちることによって、次回の成長毛が生えるのを抑制するのです。

脱毛と相性の悪い薬

体調が悪い時や薬の服用時における脱毛はなるべく避けるようにするべきです。
脱毛と相性の悪い薬には、過敏症を引き起こす恐れのある抗生物質や抗うつ・不安剤、抗真菌薬といったものが挙げられます。
これらの薬は、脱毛時に使用される紫外線に反応を起こす可能性があります。
また、脱毛効果を低下させてしまう薬にホルモン剤があります。
生理不順のような婦人病改善を目的に服用している方が多い薬ですので、脱毛を考えている人は要注意です。
ですが、薬を服用していたら絶対に施術を受けられないというわけではありません。
薬の種類によっては特に問題もない薬もありますので、薬を服用している場合は必ず事前カウンセリング時に相談しましょう。
そして、予約当日に体調不良になった場合は、キャンセル料が勿体無いからという理由で無理して施術を受けるのは感心しません。
やはり、ゆっくり静養して体調を整えてから施術を受けるのが身体への負担も軽減しますので、無理をしないようにしましょう。

なるべく肌に負担をかけないムダ毛処理とは?

ムダ毛処理をする際に、出来るだけ肌への負担を軽減するためには、皮膚を清潔にすることが大事です。
処理をする場所に雑菌等が入ると、肌トラブルの原因になることがあります。
そして、皮膚を清潔にする以外にも、皮膚を温めてから脱毛をすると、肌への負担も更に軽減されます。
脱毛後の肌は炎症を起こしている状態なので、それを落ち着かせるために、冷えたタオルで肌を冷やしましょう。
体調不良の時に脱毛をすると、傷が治る時期も遅くなりますし、雑菌が入ると化膿の原因になります。
カミソリによるムダ毛処理をした場合、角質層が損傷することは避けられません。
ですので、角質層が傷ついても、すぐ元の状態に戻せるように肌をケアすることが、健康な肌を保つうえで重要になります。
脱毛処理が終わったら、なるべく早く肌に化粧水や保湿クリームを与えて潤いを与えてあげましょう。